MENU

NEWS

2020.04.25

  • SNOW MOBILE
  • ATV
  • OTHERS

災害に備える活動として「オフロードビークル協会」を設立しました

オフロードビークル協会プレスリリース

 

ATV 4 輪バギーやスノーモービルを有効活用する 「オフロードビークル協会」を設立

〜普段はレジャーとして楽しみながら、災害などの有事の際に活躍できるモビリティ〜

 

「ATV 4 輪バギー」や「スノーモービル」(総称してオフロードビークル)は、日本国内では運転免許やナンバー登録の制度が無く、公道での走行ができないため、一般的には知られていませんが、レジャーで楽しんでいるユーザーや、業務で使用しているユーザーが一定数存在します。

このオフロードビークルは機動力や走破性が非常に優れているため、一般的な自動車や自動二 輪車では走行できないような状況で、とても頼りになる移動手段です。

しかし、その特殊性故に、取り扱いや運転に独自の技術が必要になります。

「一般社団法人オフロードビークル協会」はオフロードビークルの能力を最大限に活かせるよう、正しい取り扱いと運転技術の講習会を行うことや、有事の際には各所からの依頼を受けて、 現場で活動することができる組織として設立しました。

 

 

【一般社団法人オフロードビークル協会の概要】

 

・設立日:2020 年 4 月 1 日

・代表理事:高橋盛行

・理事:林映寿

・所在地:新潟県南魚沼市南田中 423

 

・目的

全地形対応車(All Terrain Vehicle、略:ATV)や多用途四輪車(Utility Task Vehicle、略:UTV)、 スノーモービルなどの不整地及び雪上走行に優れた車両 (以下「オフロードビークル」という) の適正な取り扱いと運転技術の講習を行うことにより、オフロードビークルによる自然災害等 有事の際の救援・支援活動を担うとともに、農林業での荷役や巡視、アウトドアレジャーでの移動手段等としてオフロードビークルを活用し、その有用性を広く周知すること。

 

・事業内容

1.オフロードビークルの取り扱い指導、運転技術講習会の実施及び修了証の発行

2.オフロードビークル運転技術練習場の経営

3.自然災害発生時の救援、支援活動

4.災害復旧活動の支援

5.遭難救助、捜索活動

6.オフロードビークルの有効利用に関する企画、提案及び支援

7.この法人が行う事業に関連する個人及び団体との交流、連携

8.その他この法人の目的達成のために必要な事業の遂行

 

 

 

 

 

 

・スキー場やリゾートのスタッフ向けの安全運転講習会も開催できます。

 

 

 

 

・悪路での走破性能

 

 

 

 

・過酷な状況下でも、仲間と協力することで、目的地へ進むことが可能になります。

 

 

 

オフロードビークルの所有者の方で、普段からこのような遊びをしている方が現場で最も頼りになります。 オフロードビークル協会では、各地域のユーザーの方々と連携しているため、有事の際の協力 要請が可能です。

防災の観点からも、様々な方にオフロードビークルの有用性と、運転技術取得の普及を目指して活動して参ります。

 

プレスリリース

オフロードビークル協会プレスリリース